子供の安全のために

シートベルトの装着で、一番注意しないといけないのが子供です。子供は、窮屈になるとシートベルトをはず場合がありますので注意してください。

 
子供は、結構シートベルトで遊ぶことがあります。そのような時に事故を起こすとシートベルトの固定から外れてしまうことがあり、そうなるとかなり危険な状態になりますので、しっかりとシートベルトをするようにしてください。しっかりとシートベルトのことを理解していない子供は、できるだけ親と一緒に乗るか、チャイルドシートに乗せるかをしましょう。そうしないと大変危険です。

 
子供がシートベルトをする上で注意しないといけないのが、胸部分のベルトを腰に巻く状態のシートベルトの使い方でしょう。シートベルトを設置している反対の型のベルトを脇の下に入れるという状態で、胸に圧迫感が無くてかなり楽になるのですが、これはかなり危険なシートベルトのやり方です。なにせ、一番重要なところの固定が無いので、もしもの時にすぐにシートベルトの固定から外れることになるでしょう。だから、正しいシートベルトの装着のやり方をさせてください。

 
このように子供がシートベルトをする場合は、しっかりとさせるようにしましょう。でないともしものときにかなり危険な状態になりますので注意してくださいね。