例外

シートベルトはできる限り装着するのが良いです。しかし、装着義務が無い状態があるでしょう。そのような場合はシートベルトを装着しなくても良い状態になりますね。

 
まず、緊急時の状態です。誰かが負傷していてシートベルトを装着することが出来ない状態にある場合は、装着義務からはずされるでしょう。負傷者を寝かせたりする必要があるならシートベルトをする必要がありません。ただし、その人以外はシートベルトを装着しないといけない場合がありますので注意してください。固定する人などが居ないと危険と考えるかもしれませんが、大変危険な状態なのでできればシートベルトを装着してください。

 
次に、妊婦の場合です。妊婦の場合は基本的には装着義務は発生しません。なにせシートベルトを装着するとお腹を圧迫することがあります。だから、装着義務自体は無いのですがそれは、妊婦の状態によって異なる場合がありますので注意してください。装着出来るならしたほうが良いでしょう。

 
このようにシートベルトの装着義務が無い場合があります。結構難しい場面の場合もありますので注意が必要でしょう。特に最初の緊急時などは、場合によってはシートベルトをしていないことで違反になることが稀にあります。だから、注意してシートベルトの装着を考えてください。